加圧シャツを着ても筋力アップの効果はないという口コミがあります。しかしそのような話が出る原因は、加圧シャツとは何を指すのか、という定義の違いによることが多いのです。つまり広い意味の加圧シャツには筋力アップの効果の出ないものもあるのは事実です、しかし、その中の狭い意味の加圧シャツでは確実な筋力アップの効果が得られます。その広い意味で筋力アップ効果が得られない加圧シャツの代表格がアンダーアーマーです。そこでここではアンダーアーマーと「狭い意味」の加圧シャツの効果の違いを解説します。

アンダーアーマーとは

広い意味の加圧シャツとは身体に着圧をかけるアンダーシャツの総称です。アンダーアーマーはその加圧シャツの中でも、コンプレッションウェアというものに分類されます。

コンプレッションウェアとは

コンプレッションウェアとはスポーツ選手がよく着ているピチピチのシャツのことです。あるいはジョギングをピチピチのタイツでしている人もいます。あれもコンプレッションウェアです。

その中で認知度が1番高いと思われるブランドがアンダーアーマーです。

コンプレッションウェアの1番の目的と効果とは、身体に密着しているウェアを着て筋肉のムダな振動を抑え、疲労を軽減させることです。運動のたびに本来の狙った動きのほかにも筋肉は振動します。すると筋肉の仕事量は倍になり、疲労してしまうのです。それをコンプレッションウェアの着圧によって抑え、エネルギー消費を抑えることで疲労を軽減させているのです。

アンダーアーマーのコンプレッションウェアとは

その代表格であるアンダーアーマーとは、本来は会社名です。アメリカのメリーランド州ボルチモアに本社があるスポーツ用品メーカーで、創業者は元アメリカンフットボール選手です。会社名=ブランド名の由来は、「第二の皮膚」のように身体に密着するウェアを、ユニフォームの下(=Under)に着用する「アスリートが戦うための鎧(よろい=Armour)」だと考えたことによっています。

創業は1996年と意外に若い会社で、アメリカンフットボール選手であったケビン・プランクがスポーツの時に着るコットンTシャツではない、もっと機能的なウェアを作ろうと思って、自分で商品を開発したことが始まりです。そして、その効果が評判となって創業から10年余りで世界中でも有名な総合スポーツ用品企業になりました。

アンダーアーマーのコンプレッションウェア5つの特徴

アンダーアーマーのコンプレッションウェアには以下のような特徴があります。

1 コンプレッションフィット

身体に「適度な」着圧を与え、筋肉の余計な振動を抑えて疲労を防ぐ効果がある。

2 水分コントロール

吸汗速乾性が優れている。

3 4ウェイストレッチ

伸縮性がよい。

4 ギア

ギアというのは製品の種類のことでこれが、酷暑時に着るヒートギア、寒冷時に着るコールドギア、その中間のオールシーズンギアの3タイプがある。

3つの製品ライン

アンダーアーマーには使用シーンや競技に応じて選べる3種類のフィット感を選べることも特徴です。その3種類とは以下の通りです。

コンプレッション~ピッタリと着用するタイプです
フィッティド~きつすぎず、ゆるすぎずで着用するタイプです。
ルーズ~ゆったりと着用するタイプです。

アンダーアーマーのコンプレッションウェアの効果

アンダーアーマーのコンプレッションウェアの効果は先ほど書いたように、あくまで筋肉の動きをサポートし、それによって筋肉疲労の軽減させ、結果的にスポーツのパフォーマンスを向上させることです。

それはすでに触れた、筋肉の振動を抑制させることと同時に、適度な着圧によって筋肉の血液を押し進めるポンプ作用が強化されることによってもたらされます。つまり、ポンプ機能の強化によって身体が必要とする栄養素や酸素が筋肉を含めた身体全体に正しく行きわたり、エネルギーが十分に作られるわけです。

同時にこの血流改善効果は、身体の中の疲れの原因の乳酸やその他の老廃物を体外に排出させることも促進するので、倦怠感やだるさといった疲労の原因が解消されます。

加圧シャツとコンプレッションウェアを比較

ではこのようなコンプレッションウェアと狭い意味での加圧シャツ、つまりコンプレッションウェアよりもより強い着圧を賭ける加圧シャツとの違いを比較してみましょう。

加圧シャツとは

そもそも着圧の高い加圧シャツとは以下の効果を持ったものです。

たるんだ身体を引き締める

加圧によってたるんだ肉が押さえられ、引き締まった体型をもたらします。

ダイエット効果がある

加圧シャツの最大の効果はダイエットです。なぜダイエット効果があるかというと、加圧によって筋肉に適度な負荷がかかり日常の何気ない動きの全てが、一種の筋トレになるからです。つまりスポーツジムでマシントレーニングをしているのと同じですから、ぜい肉が燃焼し、身体が引き締まりわけです。また筋肉も肥大化するので、基礎代謝量が増え、それによってもダイエット効果が得られます。

インナーマッスルが鍛えられる

加圧シャツは猫背などの悪い姿勢を矯正します。その上で加圧がかかるので、インナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルとは、身体の奥にある筋肉のことで、たとえば腹筋もそうです。ですからインナーマッスルが鍛えられることで、お腹は6つに割れます。あるいはインナーマッスルは身体の中で最大の筋肉なので、それが肥大すると基礎代謝量がさらに増え、ダイエット効果が一層高まります。

加圧シャツとコンプレッションウェアの違いは

以上のように、効果の点だけでも明らかに加圧シャツとコンプレッションウェアは異なるのですが、その違いを整理すると以下のようになります。

  • 加圧シャツは筋トレ効果があり、筋肉を肥大化させ、ダイエット効果をもたらす
  • コンプレッションウェアは身体の動きをサポートし疲労を軽減させる

アンダーアーマーのコンプレッションウェアが向いているのはこんな人!

ではアンダーアーマーのコンプレッションウェアが向いているのはどのような人なのでしょうか。

アスリート選手

特にサッカーなどの動きと疲労の激しいスポーツをする選手。

筋トレ熟練者

基本的な筋肉は十分に鍛えているので、部分的に強い着圧を持つコンプレッションウェアを着てその部分だけ強化したい人

逆に、このような人以外は、コンプレッションウェアを着ても、その効果に満足しないということです。むしろ満足するのは以下のような加圧シャツを着た場合でしょう。

加圧シャツが向いているのはこんな人!

ダイエットしたい人

何といってもおすすめしたいのはダイエットを目指している人です。加圧シャツは筋肉を肥大化させ、基礎代謝量を増やすのでダイエット効果が非常に期待できます。

筋トレしたいが時間が取れない人

また加圧シャツは着ているだけで筋トレ効果がありますから、筋トレをしたいが時間がない人が着れば、着ているだけで筋トレを同じ効果が得られ、時間短縮になります。

筋トレの効果をさらに上げたい人

また筋トレをする時に着ると、筋肉への負荷が通常の筋トレ以上にかかりますから、より筋トレ効果が上がります。

筋トレ初心者

筋トレ初心者にもおすすめです。というのは初心者は筋トレをしてもうまく筋肉に負荷をかけられないので、望んだような筋トレ効果が得られないのです。しかしそこに加圧シャツの効果が加われば足りない部分を補ってくれて、十分な筋トレ効果を上げることができます。

まとめ

いかがですか。

以上のようにアンダーアーマーに代表されるコンプレッションウェアと、狭い意味での加圧シャツは求められる効果が全く異なるのです。ですからどちらが優れているということではなく、求める効果に適したウェアを選ぶことが大切なわけです。両者の違いをしっかり理解して、自分の目的にふさわしいウェアを選びましょう。

おすすめの記事